みなさん、こんちには。

Tom Klark's

2,948円(税268円)

  • フレーバー
購入数
2014年創業のドイツのリキッドメーカー。
かなり特徴のあるフレーバーが特徴で、ドイツのリキッドと言えばここ!なんだそうです。


・TomSawyerClassic
ヨーロッパではハーブとしてビール等に使われる薬草のウッドラフの香りとマイルドでフルーティな香り。
濃厚な味わいで吸い易いリキッドだと思います。

・TomSawyerRauching
ベースはClassic同じです。
比べると、新鮮で色とりどりのフルーツはあまりありませんが、暗いキャラクターと木質のスモーキーなノートがあります。
やさしくフルーティーでスモーキーな香りがし、スモークした木材の味。
少しクセを持ちつつも吸い易いリキッドです。

・TomSawyerFruit
Classicよりも少し酸味のあるフレーバー、カラフルでフルーティ。わずかにチョコの香りがプラスされています。
軽やかに吸えるトムソーヤーです。

・TomSawyerDessert
Classicのウッドラフなどの感じはそのままに、クッキーやバニラを感じさせる、まさにデザート化をしたトムソーヤーです。

・Love
ザクロに似たスッキリしたフルーツ系フレーバー。詳しいフレーバーは公開されていません。
ワッテージで味が変わるので是非色んなビルドで楽しんでみてくださいね!


・OPIUM
ヒントにナッツと、ほのかな甘さとクリーミーな蜂蜜の香り。
メインフレーバーはスコッチウイスキーです。ピートがきいたクセと深みのあるウイスキー。
ハマる人はハマる、そんなリキッドです!


・DarkMenthol
様々なメンソールリキッドがありますが、それらを常飲している方にも是非吸って頂きたいリキッドです!
メンソールに香草の香りがするとても印象的なフレーバーです。
高い温度では、冷たいメンソールの強さが低下します。
より低い温度では、メンソールをより強く感じることが出来ます。
Tom KlarkのDark Mentholは、今まで類をみないメンソールリキッドかと思います。
「氷のようなアイス」のようなものではありません。そして、化学的な後味もありません。
本家サイトには「さわやかで暗く、森の中のエキゾチックな植物に似ている」とありますが、なんとなくわかってしまう気がします。


・Patisserie Von Koenig Louis XIV
なんと発音するのか迷う名前ですが、本国はパティスリーの部分だけでやりとりをしているようです。
ココアの風味とふわふわのビスケットの味。タルトのノートで終わります。
比較的クセがありませんが、Tom Klarkらしさもある人気のあるリキッド。
高級な焼き菓子のような美味しさで、気が付くと吸いきっているようなリキッドです!

・der Zipfel, der Zapfel
新作リキッドです。リコリス(甘草)メインのフレーバー。
アニスのような香りとともにハーブの柔らかで優しい口触りが残ります。
近年リコリスフレーバーのリキッドが増えていますが、Tom Klark'sの個性的なクセもバッチリ感じるリキッドです。ワッテージによってリコリス感が変わります。
これもガンクが付きづらく、一口目から美味しいリキッドです。

・ChristmasLimitedEdition
フレーバーは公開されていません。
甘いタルト、とだけ記載がありますが、吸った感じは確実にジンジャー。
そこに少しの生地感があるのでジンジャーマンクッキーをイメージしているのかな、と思います。
まさにリアルなジンジャーをお楽しみください。


おすすめ商品